就活について本気だして考えてみた

匿名だからこそ書ける、就活のホントノトコロをつぶやきます。無料で個別就活支援もやってます。

寝坊した学生は内定しやすい?

こんにちは。

たまプラーザ就活塾です。

 

最近寒暖差が激しいですけど、みなさん、体調大丈夫ですか?

 

私は久々にしっかりと風邪ひいてしまいました。

 

金曜日の夜から38度越えの高熱で、土日はほぼ寝たきり生活。

 

月曜から少し無理して会社に行きましたけど、つらかった。

 

これから先、忙しい時期が続くと思います。

 

ストレスが溜まると風邪ひきやすくなるし、みなさんも気をつけてくださいね。

 

 

ということで、今日は約束していた面接に行けなくなった時の対処法です。

 

 

 

 目次 

 

 

面接に行けないと採用側はどう思うのか

学生さんから「面接にいけなくなりました」と言われること、採用活動していると結構あります。

 

きちんと数えたことは無いですが、体感的には5%~10%ぐらいの就活生が約束通りの時間に来れないイメージでしょうか。

 

これなくなる理由は人によっていろいろです。

 

体調不良、家族の都合、寝坊の順が多いですかね。

 

体調不良や家族の都合は避けることが難しいですから、どうしても多くなります。

  

寝坊っていうのは学生さんらしいですよね。

 

寝坊してしまったものは仕方ないんですが、社会人になるとなかなか厳しい理由かもしれません。

 

で、ここからが面白いなぁと思うんですが、内定までいくのは寝坊の子が多い気がするんですよね。

 

これ私だけの感覚ではなくて、別の会社の方も言ってましたので、うちの会社特有って訳でもなさそうです。

 

数人の意見なんで信じるかどうかはあなた次第ですが、せっかくなんでもう少し読んでいってください。

 

 

寝坊した学生は内定しやすい?

 

一番許されなさそうな寝坊の子が内定しやすい。

 

一見不合理に見えるこの結果。

 

その理由は大きく2つだと思います。

 

 

まず、1つめ。

 

寝坊の場合、同日で面接の時間の調整がつく可能性があること。

 

これは結構重要です。

 

多くの企業は面接から内定までのスケジュールを管理して、採用活動を行っています。

 

だから、そのスケジュールから外れると内定の確立が下がってしまうわけ。 

 

体調不良や家族の都合の場合、多くは別日への振り替えになってしまいますから、少し不利になるわけです。

 

本当に気の毒な話ではありますが、基本的には受験日が決まっている大学受験と同じだと思ってください。

 

そんなこと企業側の人は決して言わないし、丁寧に対応してくれる思います。

 

でも、企業側にも企業側の事情があることは頭に入れておいてください

 

もちろん例外の企業だっていっぱいあります。

 

ただ、現実は甘くないと思っておいた方が安全でしょう。

 

 

2つ目は志望度の問題ですね。

 

就活においては、学生と企業の騙しあいがよくおきます。

 

それがいいかどうかは別として、多くの人が就活において嘘をつきます。

 

面接に行けない時に体調不良、家族の都合といった学生さん、意外に次に面接の日程が決まらないんです。

 

「今すぐは予定が分からないので予定が分かったら連絡してもいいですか?」みたいなことを言われることが結構あります。

 

ほんとうに体調が悪かったのかもしれませんし、家族の都合かもしれません。

 

ただし、その割に次の面接に来ない学生が多いのが現場の実感なんです。

 

だから、体調不良って言われた時に、とっさにうちの志望度は低いのかなと少し心配してしまう自分がいます。

 

 

 

面接に行けない時の処方箋

さて、これらを踏まえて学生さんはどう対応すべきかのまとめです。

 

まず、大事なのは、面接に行けなくなった理由ではありません。

 

行けなくなった理由が嘘であろうと本当であろうと不利は不利なんです。

 

そして、大事なのは面接に行けなくなった後の対応だということをしっかりと覚えておいてください。

 

その上で、最短で次のアポを入れる努力をしてください

 

面接に行けないという連絡をする際に極力、空き日程を自分側から提示するようにしましょう。

 

なるべく近い日程がよいです。できることなら同日でもかまいません。

 

本当に行きたい企業なのであれば、他の面接をキャンセルしてでも行くべきですし、多少体調が悪くても翌日に向けて努力することを勧めます。

 

自分が悪いからといって、企業側に気をつかっていても良いことはありません

 

そうすることで、今日は来れないが志望度はそれなりに高いのかなと企業側からは思ってもらえます。

 

そして、スケジュールから外れるという不利も回避できるわけですから一石二鳥ですよ。

 

ただ、インフルエンザなのに面接にくるのはやめてくださいね(笑)

 

最後に 

この記事を読んで、しんどくても面接に来いなんてひどいとか、学生をきちんと評価しないのはおかしい、上から目線だっていう意見がでてくるかもしれません。

 

その通りだと思います。

 

私だってほんとは多くの学生ともっと時間をかけて話をしたいと思ってますし、こんな就職活動の仕組みは間違っていると思ってます。

 

だからといって、私が声をあげて変えられることは多くありません。

 

ですので、私は自分でできること、影響を与えられることに絞って活動を行っています。

 

具体的には2つですね。

 

①できる限り正確に採用側の実態を伝え、このブログの読者の方に悔いのない就職活動をおこなってもらう

 

②(採用側ではなかなか実現できませんが)マンツーマンで時間をかけて学生と話をし、就職活動のサポートを行う

 

 

いろいろなご意見あるかと思います。

 

ぜひみなさんの忌憚なきご意見をください。

 

みなさんの意見をうけてもっとよい就活塾にしていきたいと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

たまプラーザ就活塾では、無料で就活生の就活支援を行っています。

 

tamaplasyukatsu.hatenablog.jp

 

自己分析やES添削、面接対策まで悩みに合わせて個別対応しておりますので、興味の

ある方はツイッターやメール、問い合わせフォームからご連絡ください。

 

ツイッター:@tamaplasyukatsu

 

メール:tamapla.syukatsu@gmail.com

 

問い合わせフォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S63547644/

  

尚、少人数で個別対応していますので、大人数の対応はできません。

就活本番時期に向けて照会が増えることが予想されますので、早めにご連絡いただいた方が確実です。

 

それでは。