就活について本気だして考えてみた

匿名だからこそ書ける、就活のホントノトコロをつぶやきます。無料で個別就活支援もやってます。

社会人の日常から就活を逆算してみる(導入編)

f:id:tamaplasyukatsu:20180812000633j:plain

 

この前みなさんに回答いただいたブログタイトルアンケート。

ご協力ありがとうございました。

 

 

さて、宣言通り、1位になった「社会人の日常から就活を逆算してみる」から書き始めようと思うんやけど、今日はその導入編。

 

導入編では僕が学生時代に社会人をどう見ていたのかっていう話と今の僕の置かれている状況について書こうと思う。

 

そして、本編では少し抽象度を上げて、仕事に対する満足度を要因分解した上で、「就活での企業選びのポイント」についていていくことにする。

 

本編だけ読みたいって方は今日の記事は飛ばしてもらえれば。

いつもと少し違う文体で書いたので好き嫌いあるかもしれませんがどうぞ!

(実はこういう小説風の文章書くのも好きw)

 

 

 

 

ごくごく平凡な地方の文系大学生やった僕は「朝に起きる」なんていう概念をほとんど持ち合わせていなかった。

 

それは、冗談でもなんでもなくて、飲みにいったら明け方まで遊んでいたし、何もない日は3時までオールナイトニッポンを聞いてから眠るなんていう生活をしていたから。

 

昼頃に目を覚ました僕が大学に行く理由なんて2つぐらいしかなくて、それはテストか友達かぐらい。

 

自由な時間におきて、自由にしたいことをする毎日。

 

それでも何事もなく卒業できたわけやから、今から思えば「超絶ホワイト」な環境やったんやと思う。

 

今、あなたが見ている僕はすごくまとも社会人かもしれないけれど、それは一種の妄想に過ぎないってことを理解しておいてほしい。

 

そんな学生の僕からすると、社会人ってものは不気味で仕方なかった。

 

何が不気味かって、何をしているのかまったくわからないところ。

 

聞くところによると、その社会人とかいう生物は朝の9時から夜の6時まで「働く」らしい。

 

そんな長時間、「働く」意味が分からない。

 

そして、その多くはスーツを着て生活し、満員電車に揺られて職場まで行くらしいと。

 

 

親がふつうのサラリーマンではなかった僕にとって、それは得体のしれない生物やった。

 

もし僕が東京や大阪のど真ん中で生活をしていたら少し違ったんやと思う。

 

ところが、日常生活のすべてが自転車ですんでしまうような小さな小さな生活圏に社会人が入り込む余地はほとんどなかったし、そこに存在するのは僕と同じような堕落した人間か働きアリのような真面目な大学生、もしくは浮世離れした大学教授ぐらいやった(少なくとも僕はそう思ってた)。

 

 

そんな僕が社会人を意識するようになったのが3年生の夏のインターン。

 

仲のよかった友達が夏休みはインターンに行くなんていいだしたのがきっかけ。

 

お金はないのに時間だけ有り余っている夏休み。

 

大事な遊び相手がいなくなったら大変やから、僕もインターンに申し込もうと思った。

 

まるでバーベキューに行くぐらいの感覚。

 

きっかけなんてだいたいそんなもん。

 

こんな僕やから、結局最後まで社会人が何をやっているのか、何を考えているのかつかみきれないまま就活が終わったっていうのが現実で。

 

 

そして、今の僕は毎日朝から晩まで働いている。

 

学生時代に思っていたよりも長い時間、そして、思っていたよりも満員の電車に揺られながら。

 

学生時代はそんな長い時間、何やってるの?って思っていたけれど、今は時間が足りないって思うことの方が多い。

 

この年齢になってくると部下も数名いるわけで、チームで協力しながら、大きい仕事から小さな仕事までほんとうにいろいろやっている。

 

お客さんから要望がきたらすぐに答えないといけないし、決算数値だって作る必要がある。自分の交通費精算をやりながら、部の来年度の計画策定だってする。

 

そして、仕事をしていて楽しいと思うこともいっぱいあるけど、つらいって思うこともいっぱいあるっていうのが今の僕の置かれている状況。

 

さて、導入編はここまで。

 

今日の記事は一貫して僕目線で書きましたが、次の記事では話の抽象度を少しあげて「楽しい仕事とつらい仕事の違い」に着目して仕事の満足度を要因分解した上で、それを踏まえた「就活での企業選びのポイント」について書いていきたいと思います。

 

最後までおつきあいありがとうございました。

ではでは。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

たまプラ就活相談所では、無料で就活生の就活支援を行っています。

(直近の募集状況は下の記事やツイッターで確認ください!)


tamaplasyukatsu.hatenablog.jp

↑ この記事で所信表明とブログコンテンツのご紹介、カテゴリーごとに記事の紹介を掲載しています。

 

自己分析やES添削、面接対策まで悩みに合わせて個別対応しておりますので、興味の

ある方はツイッターやメール、問い合わせフォームからご連絡ください。

 

ツイッター:@tamaplasyukatsu

 

メール:tamapla.syukatsu@gmail.com

 

問い合わせフォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S63547644/