就活について本気だして考えてみた

匿名だからこそ書ける、就活のホントノトコロをつぶやきます。無料で個別就活支援もやってます。

就活新聞 2018年8月14日号

f:id:tamaplasyukatsu:20180325194837j:plain

 

こんばんは。

 

たまプラ就活相談所、たなかけんじです。

 

今日はすごい雷でしたね~。

 

お盆ってことで、メールも電話も少なかったので、雷のせいにして仕事を少し早く切り上げてかえってきましたw

 

それでは、就活新聞 2018年8月14日号、いってみましょう!

 

記事紹介

 

インターンシップの就活での優位性は確実?学生にとっても企業にとっても無視できない存在に

 

最初、タイトルだけ見て怪しい記事かなぁ、、、って思ったんやけど、ちゃんとしたデータを紹介しているまともな記事でした。

 

詳しくは記事を見て貰えばわかるんですが、就活を終えた先輩たちは

 

・7割がインターンに参加し、その参加者は

・8割が就活の役にたったと回答しており、

・6割が就活で有利になった

 

と回答しているみたいです。

 

ちなみに一言でインターンっていってもその内容はいろいろ。

 

1日で終わるものから数週間続く長期のものもある。

 

また、採用直結もあれば単なる説明会みたいなインターンも。

 

選べるのであればできるだけ職場に入れてもらえる1週間程度の体験型のインターンをオススメします!

 

ちなみにインターンについては、超人気ツイッタラーの人事のお姉さん(@shukatsu_nesan)がブログで分かりやすくまとめて頂いています。

 

むっちゃまとまってて読みやすいのでぜひぜひよんでみてくださいね。

 

 

 

 

 

超早期化の就活、時期見直しに影響か 

 

 

こちらは日経ビジネスの記事。

 

有名私立大学のキャリアセンターに取材して書かれた記事のようです。

 

僕は今は採用現場から離れているんですが、確かにツイッターでみなさんの動きを見ていると就活の早期化はどんどん進んでる気がします。

 

ただ、早期化と同時に長期化しているような気も。

 

早期にベンチャーや中小企業から内定がでてもそこで満足せず、大手企業の選考も受け続けているっている就活生がたくさんいる印象ですね。

 

どこまで就活を続けるかはいったんおいておいて、ともかく、まずは1社内定を目指しましょう。

 

1つ内定がでれば自信もつくし、安心して活動が続けられますから。

 

自己分析が終わらない、やりたいことが分からないって悩み考え抜くことも大事ですが、行き詰るぐらいなら多少未完成でもどんどん面接を受けてみたらといいと思いますよ!

 

失敗するなら早いうちにですね。

 

 

 

 

 

過去記事紹介

 

ここではランダムに過去の記事紹介することにします。

今日はこちら。

 

 

これから先、ESを書く機会がたくさんあると思います。

 

エントリー数を増やすと結構膨大な量のESに追われることに。。。

 

そこで、どうせ書くなら手間を減らしながら、質を上げていきたいところ。

 

ということで、少し先を見据えたES作成のコツについてかいています。

 

これ実践すると後から絶対楽になりますから。

 

良ければよんでみてくださいね~。

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

たまプラ就活相談所では、無料で就活生の就活支援を行っています。
 

 投稿記事一覧と今後の投稿予定はこの下の記事で随時更新中です!

tamaplasyukatsu.hatenablog.jp

 

 

自己分析やES添削、面接対策まで悩みに合わせて個別対応しておりますので、興味のある方はツイッターやメール、問い合わせフォームからご連絡ください。

 

ツイッター:@tamaplasyukatsu

 

メール:tamapla.syukatsu@gmail.com

 

問い合わせフォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S63547644/

  

尚、少人数で個別対応していますので、大人数の対応はできません。

あしからず。

 

それでは。