就活について本気だして考えてみた

就活について思ったことをつらつら書きます。無料で個別就活支援もやってます。

ワンキャリアさんの目指す未来が見えない

 

こんにちは。

たなかけんじです。

 

今日はこの記事について。

prtimes.jp

  

こうやって批判的な記事がでてくることもワンキャリアの思い通りなんやろうし、ワンキャリアからしたら「オイシイ」んやろうけど、それでも書いた方がいいと思ったので書きます。

 

人気企業のESを全部公開するらしいですね。

就活に透明性をもたらすことを目的としているらしいです。

そこまではわかります。別にやったらいいと思います。

 

ここまで開示されたら後は実力勝負の世界。学歴の強い人やきちんと活動してきた人が勝つ世界がやってくると思いますが、それは仕方のない流れでしょうから。

 

ここまでは何の文句もありません。

 

で、問題はそのあと。

 

みなさん、さっきの記事を読んで違和感を覚えませんでした?

何が気持ち悪いってなんの説明もなくこの図がでてくるわけです。

 

f:id:tamaplasyukatsu:20190301214549p:plain

 

 

説明しますね。

 

ワンキャリアさん、もし僕が間違ったこと言ってたら教えてください。

少なくとも僕の目にはこう映りましたので。

 

 

①キャンペーンの内容と図に書かれている内容が矛盾している

 

よく読んでみてください。おかしな点がいくつか見つかるはずです。

 

まず1つ目。多様化。

 

多様化を目指すのであれば、このキャンペーンは逆効果でしょう。

開示されたESを見た就活生はどうすると思います?

こう書けば受かるのかって思いますよね?

これが答えだって思うんじゃないんですかね?

 

それって多様化を生み出しますか?

むしろ逆効果だと思いませんか?

 

 

2つ目。分散化。

場所を問わない就活?

 

このES公開中の広告、どこにあるんでしたっけ?

どこをアドトラックが走っているんでしたっけ?

地方と都心部の格差をなくしたいならそれでいいんでしたっけ?

 

 

②図とキャンペーンの関係について一切説明がないこと

 

何度も読み返しましたけど、一切関係については説明がありませんでした。

 

ワンキャリアさんは頭の良い人の集まりなわけです。

 

だから、この図とキャンペーンの関係を書かないんだと思います。

関係があるようにはすごく近くには置くけれど、一切説明は書かない。

 

正確には、書けないんだと思います。

 

なぜか?

 

やっていることと図に書いてあることが、矛盾どころか逆行しているからです。

 

もしこの図に、「これがワンキャリアが目指す就活です」って書いたとする。

その瞬間に、「目指すこととやっていることが矛盾していませんか?」と言われるわけです。

 

でも、書かなければいくら突っ込まれようが言い訳ができるわけです。

そんなこと言っていませんって言えるわけです。

  

そのやり方はどうかと思います。

 

ワンキャリアさん、ES公開の先に何が起きると思っているのかかきちんと説明してもらえませんか?

 

【2019年3月4日追記】

翌日に書いた記事がこちら。

これが僕の想像する未来と就活の隠れた問題点です。こちらも合わせてどうぞ。

 

www.tpsyukatsu.work

 

 

OB/OG訪問なら、インターンだけでは分からない企業の情報が手に入る。
実際にその企業で働いている先輩の話を聞いて、あなたの行きたい理由を見つけよう。